TOP > 東京 鳥 散歩

東京 鳥 散歩"

第11回 ヒヨドリ

(2017.10.16)

東京都で見られる野鳥を、主に写真で紹介するコラム「東京“鳥”散歩」。
第11回目の“ゲスト”は、ヒヨドリです。

ヒヨドリ
標準和名:ヒヨドリ
学名:Hypsipetes amaurotis
英名:Brown-eared Bulbul
全長:約28cm程度

 
今回ご紹介するのは「ヒーヨ、ヒーヨ」という鳴き声から
その名がついた“ヒヨドリ”です。
 
オスとメスで色模様が変わらず、尾が長いのが特徴です。
また「波状飛行」という上下に波を打つように飛ぶのも
遠くから見分ける良い観察ポイントとなります。

ヒヨドリ

 
虫や小型の両生類・爬虫類、木の実や花びら、花の蜜など
様々なものを食料にしますが、
農家の方にとっては、葉物の野菜や果樹などを食い荒らす
害鳥としてのイメージが強いかもしれません。
 

ヒヨドリ

 
鳴き声に話を戻すと、繁殖期には「ピッチドゥーイ」とよく鳴きます。
(私にはそう聴こえます)
 
僕にとって思い出深いのが、鳥を観察し始めた頃、
ヒヨドリたちが一斉に、まるでスターを出迎える女性たちのような
「ヒィヤァーー! ヒィヤァーー!」という甲高い声。
 
“あまり聴かない声で鳴いてるな・・・”と思っていると、
そのすぐあとに上空を「ツミ」という小型のタカが飛翔するのを確認しました。
どうやら警戒の声だったようです。
 
知識不足から「生死のかかった必死の叫び」を理解できなかったわけで、
このときヒヨドリから観察の大切さを学びました(苦笑)
 

ヒヨドリ
ヒヨドリ

 

 

文&監修:三森典彰
*写真:三森典彰、山崎高志、橋本康平

次の記事へ
  • NATURE
  • MUSIC
  • BUSINESS

COLUMN

東京 鳥 散歩” 
シェルパ斉藤の“ニッポンの良心” 
こんにちはさようならHOLARADIOS〜矢口清治のラジオDJ的日々〜” 
きっこうのハッピー・ゴー・ラッキー人生 〜セカンドライフを社会貢献で楽しむ徒然日記〜
内田正洋 内田沙希 シーカヤックとハワイアンカヌー 海を旅する父娘の物語
ムーンライトジョーカー 三浦麻旅子
スタッフ募集