TOP > 東京 鳥 散歩

東京 鳥 散歩"

第20回 エナガ



(2018.09.07)

東京都で見られる野鳥を、主に写真で紹介するコラム「東京“鳥”散歩」。
第20回目の“ゲスト”は、エナガです。

エナガ
標準和名:エナガ
学名:Aegithalos caudatus
英名:Long-tailed Tit
全長:13cm程度

 
今回ご紹介するのはエナガです。
最近は北海道に住む亜種のシマエナガが
写真集などで広く知られるところとなり、
「むちゃくちゃかわいい!」と有名になりましたが、
東京でも晩夏から早春にかけて、
特によく見かけるエナガだって負けていません。
 

エナガ

 
和名のエナガは、長い尾と丸い体が柄の長い柄杓のように見えるところから
付いたようで、江戸時代からこの名が当てられていたようです。
 
おでこからお腹にかけて白く、肩や脇からお尻にかけては淡い桃色、
眼の上部から背中にかけてと翼の上面が黒色をしています。
 

エナガ
エナガ

 
冬になるとよくシジュウカラやヤマガラ、コガラなどと
ゆるやかな混群(*1)を作って
一緒に小移動を繰り返す場面に出会うことが多くなります。
 
東京の平野部でも大きな緑地などでは繁殖が見られることもあります。
僕もいくつか見つけたことがありますが、コケや地衣類(*2)を
蜘蛛の巣などを使ってつなぎ合わせて、樹皮に擬態させて作る巣は見事です。
この時期は親鳥の尾羽が曲がっているのもよく見かけます。
狭い巣の中に体を押し込んでいるからでしょうか。
 

エナガ
エナガ

 
しかし残念なことに、僕が見つけた巣はことごとく放棄、
もしくは破壊されてしまいました。
カラス類やイタチなど、捕食者もたくさんいるので仕方ないのですが、
一度、巣作りから巣立ちまでを追って観察してみたいと思っています。
 
(*1)混群:別種同士が集まって群れを作ったもの。
 
(*2)地衣類:菌類のうち藻類(シアノバクテリアあるいは緑藻)と
        共生するようになったもの。コケに似ているが別物。

 

 

文&監修:三森典彰
*写真:三森典彰、山崎高志

次の記事へ
  • NATURE
  • MUSIC
  • BUSINESS

COLUMN

Buisiness TODAY” 
東京 鳥 散歩” 
シェルパ斉藤の“ニッポンの良心” 
こんにちはさようならHOLARADIOS〜矢口清治のラジオDJ的日々〜” 
きっこうのハッピー・ゴー・ラッキー人生 〜セカンドライフを社会貢献で楽しむ徒然日記〜
内田正洋 内田沙希 シーカヤックとハワイアンカヌー 海を旅する父娘の物語
ムーンライトジョーカー 三浦麻旅子
スタッフ募集